こんにちは!タオルアドバイザーのタオルマニアです。

挨拶は小さい頃から行う習慣があったはずなのに、社会に出て挨拶ができない人がいますよね。
「挨拶ができない」こと自体はなんて事ありません。(笑)
人と関わらない人には関係のない事ですし、できなくても生きていけます。
ただ人と関わる人にとっては「人生損する」だけです。

本気で人生変えたいなら自分が変わらないと変わりません。
誰もあなたを変えてくれません。
あなたが変わりたいと本気で思わなければ絶対変われないのですから。

さて今回は人生変えたい人のために「挨拶ができない人の能力の低さと対処法」を辛口でお伝えいたします。

挨拶ができない人の能力の低さと本当の原因と対処法

挨拶ができない人は何故できないのでしょうか?
挨拶ができない人は、一般的にコミュニケーション能力が低いことから「コミュ障」と呼ばれます。
そもそも何故そんなことが起きてしまっているのかわかりますか?

大きな原因は「人への恐怖感」です。
過去やどこかのタイミングで人と関わることで自分が傷つき、防衛本能として現れていることが多いです。

人への恐怖感、自尊心が低くなり、自己肯定感が低くなって、本来の自分ではなくなっていき挨拶すらできないようになってしまったいるだけです。

全てのものには因果応報が働いています。
必ず原因があります。
生まれつきコミュ障な子供なんてほぼいません。

コミュ障であることを頭ごなしに叱ったり指摘したり、まるで意味がないのです。
もしこれを読んでいる人で頭ごなしに指摘している人がいたら今すぐやめてください。その人の可能性を打ち壊しているだけです。

実は挨拶ができない人を批判している人も能力が低い

批判は誰だって簡単にできます。そんなことよりも如何に人材を活かすかを考えられる方が生産的です。
人を育てることは容易なことではありません。しかし、育って生きやすい環境づくりは少しずつ行えば確実に整っていきます。
先に入社した人間を差し置いて行動するのは、ハードルが高いもの。
なるべく上司が率先して環境づくりに励まなければなりません。
その中間層の人間も向上心はあっても、トップダウン型の上司だとなかなか口に出したり行動できないものです。

そんな中間層でもできる方法が実はあります!

対処法

そんな挨拶しない人への対処法や会社の人間環境が良くないと感じる方にオススメの対処法はこちら!

  • 自分自身はいつも筋を通しておく。
  • できない上司ほど、揚げ足をとってきます。揚げ足を取らせないように、自分自身を律しておき指摘させる隙を与えないようにしましょう。

  • どんな人にも隔たりなく接する
  • どんな人にも隔たりなく挨拶をし、ビジネス上ではきちんと線引きしておきましょう。ある程度の線引きをしておくと負のトラブルに巻き込まれることも少なくなります。

  • それを踏まえ、人の良いところはどんどん褒めていく
  • 上記の二つを踏まえつつ、人を褒めていきましょう。そうすると、その言葉に影響され、人の気分はよくなり、社内の空気がよくなってきます。

    指摘するばかりだけでなく良いところを探し、褒めて自信をつけてもらうのです。中間層の人間は、上司にも挨拶ができない人間に両方へアプローチしていきます。
    これも地道にコツコツ毎日積み重ねていく努力が必要ですが、確実に変化を感じられます。

    「人は人によって磨かれる」

    あなたが他人を良いところを見つけ褒めて伸ばしていると、自分の成長にも繋がることを必ず実感するでしょう。

    本当の人材育成は自己成長にあるのです。

    批判や否定はいくらでもでいますが、何も生み出しません。
    負は負しか生みません。
    こんな非生産的なことなんの意味があるのでしょうか?

    多くは頭では理解していても行動できない人ですが、気づいて行動できた人はすぐにスーパーヒーローになれます。

    あなた自身の人生がより良くなりますように。

    工事の挨拶回りの粗品タオルはこちらがお買い得!