これから開業する方に向けて、お店などを開業したときの近隣の店舗や住宅への挨拶回りのポイントをお伝えしていきたいと思います。

今から起業するなら、ワクワクドキドキと不安と入り混じりあった何とも言えない気持ちですよね♪


「なんでも始めが肝心!」

開業したときに挨拶回りは、少なくとも店舗の印象付けや営業に影響します。

そんな肝心な挨拶に何が必要なのかを一緒に抑えていきましょう!

開業した時の挨拶周り

挨拶回りはめんどくさい反面、メリットもたくさんあります。
どんな人が住んでいるのかをリサーチすることもできますし、今後の営業戦略のデーターにもなります。
もちろん、挨拶回りをすることで、自分のお店を知ってもらうきっかけになるので宣伝広告もできるチャンスです。

この機会に「何処に、どんな店」ができたのか、「どんな人がやっているか」を知ってもらいましょう!
ポストに粗品タオルやチラシを入れておくだけよりは、顔を合わせて自分自身を知ってもらうのが一番の宣伝になります。

開業した時の挨拶のタイミング

開業してからだと、何かと対応しなくてはならないことが多かったりと忙しいことが予想されます。

「落ち着いてからでもいいか。」なんて思ってしまうかもしれませんが、それだと遅すぎます。

何かしらのトラブルも開業したては起きやすいので開業前(オープン前)や開業すぐに済ませておくのが良いでしょう。

何よりも貴方自身を売り込むチャンスでもあります。

挨拶回りのポイント

挨拶回りで注意すべきポイントは、『貴方の態度』です。
どんなお店をするかも大切ですが、貴方自身の人柄が何よりも重要です。

《挨拶するときには、注意すべきポイントは3つ》

  • にこやかな挨拶
  • 名前などがわかる名刺やチラシを用意
  • 自分の話をしすぎない
  • 貴方の印象がよければ、貴方のお店に足を運んでくれるかもしれません。

    できれば相手の顔を覚えておき、街ですれ違ったりしたら挨拶を。
    この積み重ねが貴方の信頼を築きます。

    この信頼こそが営業に重く関わってきます。

    挨拶回りは気配り

    挨拶回りには、必ず粗品を持っていかなくれてはならないルールはありませんが、「与えたものが与えられる」という世の中の仕組みですから先手を打って相手先に粗品を贈るのもいいでしょう。

    粗品を贈る場合は、お店の売りを生かした粗品にしてもいいでしょう。

    例えば、ケーキ屋さんならちょっとしたお菓子、美容室ならシャンプーやトリートメントの試供品などです。

    年齢層や地域層など分析し、それにフィットするものを選べるならより喜んでいただけると思います。

    ラップやぶみ袋、洗剤などもよく贈られるものです。

    毎日必ず使う「粗品タオル」なども喜ばれます。

    粗品タオルにメッセージや宣伝用のチラシを併せて渡すのもいいですね。

    <関連記事>
    粗品タオルにオリジナリティーを出す方法

    まとめ

  • なるべく早く挨拶に行くべし!
  • 貴方の印象が営業に関わる!
  • 挨拶は結局自分に返ってくる!
  • SNSやネット社会が定着してきましたが、だからこそリアルな人付き合いが大切です。
    これからのビシネスも「人」が要になってきますよ。


    粗品タオルは「おたおる」で。
    ベトナムの工場で丁寧に作られたフェイスタオルは品質が良くてリピーター続出!
    保険会社の営業やお店の開店記念や周年記念のノベリティーなど幅広く大活躍!

    <関連記事>
    開業したら良質で安い粗品タオルを賢く贈ろう!

    お得な会員登録もお忘れなく!
    ポイントが溜まってポイントが使えて簡単登録!

    最後までお読みいただきありがとうございます!
    貴方のビジネスが繁栄しますように心からお祈り申し上げます⭐︎

    この記事もオススメ!

    リノベーションや新築のお家を建てる方の工事中のあいさつ回りのポイント

    タオルの基礎知識~役割や選び方~

    “粗品が生きる”渡し方。