タオルアドバイザーのタオルマニアです。

お正月も過ぎて、お仕事モードが復活してきましたね!
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします!

さて今回は、ビジネスで使える「お礼のメッセージ」についてご紹介します!
感謝の気持ちを言葉で紙に残すということは意外に人に喜ばれるものです。

やはり気持ちは思っているだけではなく伝えることが重要です。

贈り物のお礼の書き方

最近は、メールでやりとりすることが当たり前になっていきましたが、「お礼のメッセージ」はなるべく葉書や手紙などにしておくとかなり印象が上がります。

なんでも簡略化、データ化するのではなく、アナログな部分も取り入れることで人間味が伝わり、温かい交流ができるのではないでしょうか。

贈り物などのお礼状を贈る時期

贈り物のお礼状は、「無地に贈り物が届いた」という報告も兼ねていますので、品物が届いたら“基本はその日のうち”に“遅くても3日以内”が好ましいでしょう。

お礼が何かしらの事情で遅くなりそうであれば、電話でまず伝えると良いでしょう。

万が一、お礼を伝えるのが遅くあった場合は、取り急ぎメールでお伝えし、後日文書で贈るのも丁寧な印象を与えることができます。

お礼が遅れたら、そのお詫びの言葉も添える

お礼の手紙は、厚意を受け取っ他その日に送るのがベストです。
しかし、すぐにお礼を贈ることができず遅れてしまった場合は、「お詫びと感謝」を両方伝えるべきです。
気の利いた上手いことを書くことよりも、シンプルに「ごめんなさい」と「ありがとう」が伝われば良いのです。
誠心誠意を持って自分の言葉で「素直な気持ち」を表してお伝えしていきましょう!

品物より相手の心遣いに感謝しよう

どんな品物を送られたにせよ、相手がアナタを想って贈ってくれた気持ちを心から感謝しましょう。
その品物が届くまで、相手がアナタのことを考えて選んで、お金を払って届けてくれるまでの相手の貴重な時間までアナタに贈られたということを受け取らなければなりません。

贈り物に対して具体的に感想を述べる

せっかく贈っていただいたものですから、具体的に利用方法や気に入った部分をお伝えすると相手は喜びます。

毎日使うような消耗品
「丁度欲しいと思っていたところでした!」
「毎日使うものなので本当に助かります。」

飾り物をいただいた時
「玄関に飾りました!」
「私の好きな色で好きなデザインでした!」
「お部屋がオシャレになりました!」

特産品・名物品
「一度食べてみたかったものだったので嬉しいです!」
「さすが名産物。天にも登る美味しさでした!」

お礼状の書き方

お礼状は「縦書き」が基本です。

親しい間柄なら「横書き」でもOKです。

<お礼状の流れ>
①前文
お礼状の前文は「頭語(拝啓)」「気候の挨拶」「相手の安否の気遣い」の順番で書き添えていきます。
親しい仲の場合は、全文を省略しても構いません。
すぐに贈り物をいただいた感謝を述べるのが◎

②主文
「贈り物へのお礼」「心境」「感想」を述べます。

③末文
「結び挨拶」で締めくくり、「結語(敬具)」を書きます。

④後付
「日付」「差出人」「宛名」の順に書きます。
日付は2文字下げ、和暦で発送年月日を書きます。
宛名の敬称もお忘れなく。

<例文>

拝啓 猛暑の候、皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご愛顧を賜りありがたく感謝申し上げます。
さて、このたびはご丁寧なご挨拶に加え、結構なお品をいただきまして、誠にありがとうございます。弊社一同でおいしく賞味させていただきました。大変なおいしさに、夏を乗り切る元気が出てまいりました。ご厚志に深く感謝いたします。
ささやかではございますが、お礼の品を別送にてお送りいたしますので、ご受納いただければ幸甚でございます。
皆様のいつもながらのお心づくしの応えるため、なお一層の努力をしてまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。
末筆ですが、時節柄、皆様のご自愛をお祈り申し上げます。
まずは書中にて御礼まで申し上げます。

敬具

完璧な言葉で綴るより、少し崩してでも相手に自分の気持ちが伝わるようなお礼が送れていればOKだと思います。

<関連記事>
年始のご挨拶 コスパ高◎粗品タオル