タオルアドバイザーのタオルマニアです。

タオルでの加湿なんて・・・と思うかもしれませんが、意外や意外!
結構効果があるものなんです。

家に加湿器がないならタオルでも十分その効果を感じることができます。

タオルで加湿?!その効果とは

タオルでnの加湿の原理は至ってシンプル。
部屋干しすると「ジメーッ」としますよね。
そう、それそれ!笑

濡れた洗濯物から湿気が空気中に放出され加湿されます。

なぜ乾燥は良くないのか?

エアコンなどで乾燥を感じたら、加湿はしておいた方が喉には優しいです!
空気が乾燥していると、ウイルスに感染しやすくなるのはなんとなくご存知の方も多いでしょう。

インフルエンザなどのウイルスは水分を含んでいるので、空気が乾燥していると浮遊しやすく、私たちに感染しやすい状態となるのです。

女性のお肌の敵でもある乾燥は、お肌に炎症を引き起こしやすくなります。
お肌の水分と油分のバランスが崩れると、ニキビや吹き出物が出てしまう原因にもなります。
アトピーや敏感肌で乾燥しやすい方も引っ掻くと傷になりやすかったり、痒みにも繋がるので、皮膚だけではなくお部屋の乾燥にも気を使ってあげると快適に過ごしやすくなりますよ♪

理想的な湿度は40〜60%ほどですが、エアコンやストープアドで暖房している際は乾燥を引き起こしやすいで気をつけておきましょう!

例えば一人暮らしなら何枚必要?

一般的な広さ(ワンルームとか一人暮らし用のお部屋)だと、バスタオル1〜2枚で十分
加湿します。

私は一人暮らしの時には、夜洗濯物してエアコンつけながら部屋干ししていました。

部屋を開けている時は、窓を開けて換気したり空気の入れ替えは頻繁にしていましたので、割と快適でした。

寝る際は、自分の近くにタオルを置いておくとその加湿効果を感じることができますよ♪

余談ですが夏場は、カーテンを洗濯したらそのままカーテンレールに付けて干します。
窓を開けておくと涼しい風が・・・♪

旅先でもタオルの加湿は大活躍!

旅先のホテルや旅館でもこのタオルの加湿は大活躍です。

ホテルや旅館って乾燥していることが多くありませんか?
お風呂あがりは、お風呂場のドアは開けて湿気をお部屋に流しますがそれでも足らない場合は、タオル加湿が有効!

私は、合わせてバスローブで体を拭いてそのまま近くに掛けて置いたりもします。

タオル加湿のアレンジ方法

アロマテラピーが大好きな私は、アロマの香りは癒しには欠かせません!

水をはったバケツや洗面器にアロマオイルを2〜3滴垂らしてタオルをつけこんで、絞って干せば、アロマの香りも一緒に楽しめます!

オススメは、ラベンダーや樹木系の精油。
ミントやティツリーなどのオイルは、喉や鼻をスッキリさせてくれるので、風邪気味や花粉症の時にはオススメ!

基本的には好きな香りを楽しんでください。

柑橘系のアロマはタオルにシミになったりすることがあるので、使い終わったらタオルはしっかり洗濯するようにしてくださいね!

タオル加湿の注意点

①タオルをボトボトに濡らすのは、床が痛んでしまったりするのでご注意を。
お水が滴ってこないようにちゃんと絞ってくださいね♪

②体を拭いたものをそのまま干すと雑菌がわいて臭くなるので注意を!
次の日も使うタオルなら、きれいに洗ったものだと雑菌がわかず、臭いも気になりません!

<関連記事>
お湯だけで「タオルの臭い」を消す方法

冬は、適度に加湿して快適な毎日を過ごして風邪などの予防につなげてくださいね♪


粗品タオルは、おたおる!
低価格で高品質の粗品タオルでお客様満足度を向上しよう!

<関連記事>
正しい粗品タオルの勘定科目は?

最後までお読みいただきありがとうございました♪

神苑んもぜひよろしくお願いいたします^^