タオルアドバイザーのタオルマニアです。

今回は志向を変えて、タオルでできる健康体操をご紹介したいと思います。
どこにでもあるタオルで、簡単に、しかも有効に活用できる健康体操です。
とっても楽しくできるので、是非お試しください♪

タオルでできる健康体操の方法

タオルという身近なものを使っての体操は、無理なく毎日気軽に行えます。
体操のメリットは、たくさんありますが、毎日少しずつ体を動かすことによって毎日の疲れを癒すだけでなく、年齢とともに落ちていく筋肉を良い状態で保つのにも体操は有効なのです。

どんな効果があるのか?

  • 慢性的な肩こりや腰痛の解消
  • 二の腕の引き締め
  • 普段使わない筋肉を動かすことができる
  • 基本の姿勢

  • 肩幅に足を開いてお腹に力を入れる
  • 胸を張り、正面を見るようにする
  • タオルの両端を軽く持つ
  • 健康体操の留意点

  • タオルを持つときに肩に力が入らないようにリラックスを心がける
  • 足の動きもついていきますが、自分のペースで無理なく行いましょう
  • 左右にタオルしたり捻ったりする体操は、お腹に力を入れて体を支えるようにしましょう
  • 運動の前後は必ず水分補給をしましょう
  • 体操の流れ


    ①タオルを首にかけて腕振りをする。余裕のある方は、足踏みと一緒に行う。
    *腕振りは、肩甲骨の動きを意識する。足踏みはお腹に力を入れて行う。

    ②タオルの持ちやすい所で両手で持ち、上にあげる。
    息を吸い、吐きながらゆっくり右へ倒し、左を伸ばす。
    反対にも同様に動く。

    ③手を胸の前に下ろす
    息を吸って吐きながら右に捻る。
    吸って元に戻って吐きながら、反対へ同じように捻る。

    ④タオルを首にかける。
    肘を合わせて、息を吸いながら右肘を後方にねじる。
    息を吐いて戻してから、「吸って反対も同じように捻る。

    ⑤タオルを両端で持って上にあげ、肩甲骨を寄せるように両肘を後ろに引く。

    物足りなければ数回繰り返します。

    その他にも、ご自身で色んな方向へ呼吸を意識しながら、動かしてみるのもオススメです。
    意外にも「気持ちいい」と思える動きがあるかもしれません。

    習慣にするには、「気持ちいい」と思えなければ続かないので、あなたの好きな体操を自分で見出していくのも習慣化させるポイントです。

    行うタイミング

    なるべくゆっくり時間があるときに行いましょう!
    早い動きと浅い呼吸で行うと筋肉が十分に伸び縮みしないせいで「気持ち良さ」
    や「効果」が半減してしまうのです。

    時間に余裕があるときならいつでも構いません。

    一日何回行っても構いませんが、痛む部分があるときは控えるようにしましょう。

    体操をより効果的なものにするポイント

    しっかり水分補給することです。
    水分補給することにより、体に溜まっていた「むくみ」や「乳酸(疲れ物質)」が流れやすくなるためです。
    疲れが取れると、体がとても軽くなっていきます。
    朝の目覚めも悪かった方が清々しい朝を迎えられるようになったり、夜ぐっすり眠れるようになったりと体の変化を感じるようになるのは、老廃物などの毒素がちゃんとそとに流れているからです。

    目に見えないので、効果を感じられたときにしか感じることができませんが、確実に水分補給する頻度や量が増えることで毒素は出ていってくれるので、これもコツコツ「続けて行く事で効果を感じやすくなっていきます。

    是非、続けて体操と水分補給してみてくださいね!!
    健康は1日してならず!!


    業務タオルならおたおる!
    高品質で低価格でリピーター続出!
    介護施設、温泉、宿泊施設で大活躍の業務用タオルは、おたおるがコスパNO1⭐︎
    お得な会員登録もお忘れなく!
    *ポイントが溜まって使えてお得な情報がいち早く届く!

    最後までお読みいただきありがとうございます!
    来年もどうぞよろしくお願いいたします♪