タオルアドバイザーのタオルマニアです。

白い洗濯物のくすみやしみには「漂白剤」が1番綺麗に取れますよね。

しかし、漂白剤は洗剤に比べて大変刺激の強い洗剤になるので使用上の注意が必要です。

今回は、塩素系漂白剤を上手に使って洗濯する方法をお伝えしていきます。

塩素系漂白剤とは?

「ハイター」などの塩素系漂白剤は、キッチンでの除菌や漂白に使われることが多いですが、洗濯でも大活躍です。

漂白剤は、臭いやシミを取ってくれますが、漂白剤は、臭いの根源や色素を分解してくれるので洗剤よりも強い洗剤です。

一方、その効力が強いと同時に刺激も強いため、衣類を痛めてしまう可能性も高くなります。

漂白剤が使えない繊維もあるので、注意が必要です。

<漂白剤が使えない素材>
・柄物
・ナイロンなどの化学繊維
・絹や毛
・カラフルな柄物

色落ちしないかチェックする方法

塩素系漂白剤を使う前に、白物であったとしても色落ちチェックをしておいた方が賢明です。

①水に薄めた塩素系漂白剤を綿棒にとって、裾や袖などの目立たない部分に少し当てて濡らします。
②5分付けた後、色が落ちていたらクリーニングに出しましょう。
色が変わっていない場合は、使用可能です。

塩素系漂白剤を使った洗濯方法

塩素系漂白剤の洗濯方法は、洗濯機に入れてしまう方法か、付け置きして洗濯する方法が基本の洗濯方法です。

<付け置き洗いの方法>
①桶に規定量の水と漂白剤を入れて、5~30分付け置きします。
付け置きすぎるのは繊維を痛めてしまうので、2時間以上は置かないようにしましょう。

②汚れが落ちたと確認したら、しっかりすすぎます。

③通常通り洗濯すればOKです。

<あらかじめ洗濯機に入れて洗濯する方法>
この場合は、いつも通りの洗濯に漂白剤を加えるだけです。
しかし注意点が一つあります。
洗剤と同じタイミングで漂白剤を入れて洗濯する方法ですが、この場合はシミなど汚れの強いものには向きません。
全体的な白物のくすみなどを感じた時などに有効です。
タオルなどの白物だけまとめて洗うのならオススメの洗濯方法です。

塩素系漂白剤の使用注意点

塩素系漂白剤を使用する際の注意点です。

①「酸性」の洗剤と一緒に使わない。
いわゆる「混ぜるな危険」です。
漂白剤はアルカリ性なので、反対の酸性のものとは相性が悪いので注意が必要です。

②換気をすること。
塩素系なので、プールや温泉のにおいのような「塩素」のにおいが発生します。
気分が悪くなる恐れなどを避けるため、換気をしながら使用しましょう。

③目や皮膚に触れないようにする。
塩素系漂白剤はたんぱく質を溶かす作用があるため、使用するならゴム手袋を使い、目や皮膚についたらすぐに洗い流しましょう。

④原液で使わない。
どんな場合も薄めて使います。
原液で使用するのは危険です。

⑤熱湯を使うときは注意が必要。
漂白剤は熱湯を使うと効果が活性します。
もともと強力な洗剤なので、熱湯を使う際は十分に気を付けましょう。

塩素系漂白剤を上手に使いこなそう!

白物の洗濯にはとっても効果的な塩素系漂白剤!
雑菌やカビなどを撃退するのにはもってこいです!!
真っ白さも大切ですが、私は殺菌目的でつかうことが多いです。
(ぞうきんなどをきれいにするなど)

効果が魅力的なのでハマると使いすぎるので注意しましょう。

酸素系漂白剤を使い分けるようになると、ハイターマスターですね♪

関連記事
タオルがピンク色になるのはなぜ??

業務タオルはおタオルで決まり!
ベトナム製でムラなくしっかりした縫製で安心、業界でもかなり破格のお値段です。
これこそお値段以上!

業務用タオルをお探しならぜひ一度チェックしてみてくださいね♪

業務用フェイスタオル の選び方